ソーダサーバー 生活

最近は専らソーダ割!ゴクゴクのど越し最高!ウイスキーだけでなく焼酎のソーダ割の爽快感を楽しみましょう!

最近は専らソーダ割!ゴクゴクのど越し最高!ウイスキーだけでなく焼酎のソーダ割の爽快感を楽しみましょう!

わたしは昔からお酒が大好きです。毎日飲んで休肝日がありません。

昔はウイスキーのシングルモルトにハマって夜な夜なBARに通ってお勉強をしました。

ウイスキーにワイン、日本酒に焼酎とお酒は何でも好きですがここ数年では一日1杯焼酎のソーダ割を飲まないと気が済みません。

私が好きなのは米焼酎、麦焼酎のソーダ割です。

スーパーやコンビニで氷を買ってきて麦焼酎の場合は「焼酎3:ソーダ水7」、米焼酎の時には「焼酎4~5:ソーダ水5~6」といった割合で飲みます。

その爽快感たるや最高!夏でも冬でも焼酎のソーダ割は最高です!

BARで覚えたウイスキーのソーダ割の魅力

その昔はハードリカー(アルコール度数の高いお酒)が大好きで基本的にはストレート、ロックで飲むというのが定番で水割りや、ましてやソーダ割などは邪道!!と勘違いをしていた時期がありました。

特に好きだったのがシングルモルトのウイスキーです。

中でもスコットランドにアイラ島という島がありそこで蒸留されたお酒である「アイラモルト」のお酒が大好きでした。

有名どころでは「ラフロイグ」「ボウモア」などの銘柄を耳にしたことをある方いらっしゃると思います。

アイラ島ではお酒の入った樽が潮の満潮時には海の水に浸かるようになっています。毎日毎日樽が海水に浸かることで独特なフレーバーのお酒が出来上がります。

スモーキーでパンチのあるそのテイストは今でも好きな種類のお酒です。

その時は独身の身分でしたので高いものもバンバン飲んで給料の半分以上はシングルモルトのウイスキーに突っ込みました。

ハードリカーであれば何でも飲むという勢いでいたのですがBARにも通うにつれてマスターからいろいろな飲み方を教えてもらうようになります。

たいへん仕事が忙しくなったというのもありましたがハードリカーを飲んだ次の日は酒が残ってしまいあまり体調が良くないので水割りやソーダ割など爽やかに飲めるものをおススメされた次第です。

バーボンやコーンウイスキーのソーダ割は手軽で美味しい

ビールなどでは「のど越し」を楽しんだりしますがさまざまなお酒を水やソーダ水で割ってみるとそれはそれはよいのど越しで爽快に飲める飲み物があります。

ウイスキーをソーダ水で割って飲むハイボールは皆さんご承知だと思いますがウイスキーにも種類がありますので一律にどのウイスキーでもソーダ水で割れば美味しいというものではありません。

お高めのスコッチなどは割って飲むことはありませんが、比較的安価なウイスキーはソーダで割ると美味しいものが結構あります。

バーボンやコーンウイスキーなどをソーダ水で割って飲むと独特な風味で美味しいです。

バーボンウイスキーの独特なクセはソーダで割っても残っており独特な苦みが口に広がるのが楽しいです。

コーンウイスキーはそのマイルドなコーンの甘みがさらに広がる様な楽しさがありこちらも一回飲んで時間が経つと飲みたくなる面白さがあります。

お馴染みの銘柄であるジャックダニエル、エバンウイリアム、ジムビームなど値段も安く手軽に飲めるのでおススメです。

ウイスキーは少なめにソーダ水は大目にがポイント

ウイスキーはアルコール度数が40度以上あるものがほとんどになりますのでソーダ割にする時には「ウイスキー少な目、ソーダ水大目」がおススメです。

もともとソーダ割はどのお酒で割ってもそうですがシュワっとソーダが弾ける風味を楽しむものです。

飲み物が出来上がったらできるだけ早く飲み切るのは良いと思います。

ゴクッと飲むことで味わいますのでウイスキーの強さがのどに引っ掛かるようでは楽しくありません。

よってウイスキーの割合は1~2、ソーダ水の割合は8~9くらいでのど越しも爽快に楽しめると思います。

かち割の氷を入れるともっと美味しさが増します。

お試しください。

ソーダ水まずは買っていろいろなものを試す

美味しいソーダ割を飲むにはベースとなるお酒もそうですがソーダ水にも当然こだわりたいところです。

ソーダ水は最初は飲料メーカーが販売しているものを飲むことがほとんどだと思います。

私も以前は家でソーダ割を飲む際には500mlのソーダ水を箱ごと買ってきて冷蔵庫にいつも何本か冷やしておりました。

私はお酒のソーダ割と言えばウィルキンソンのソーダ水が一番のお気に入りでした。

いろいろなソーダ水を試してみましたが購入するのであればこのウィルキンソンの炭酸水(赤色)が一番のお気に入りです。

様々なメーカーから炭酸水が出ていますが炭酸の具合が強いもの、弱めのものといろいろあります。

炭酸はどちらかというと苦手で微炭酸のような形でなら飲めるという方は炭酸が弱めのものを選ぶといいと思います。

下のゲロルシュタイナーは炭酸弱めですので注いて少し置いてからお酒と混ぜると微炭酸のような感覚で飲むことができます。

やはり自宅で炭酸水メーカーが欲しくなる

炭酸水を購入し続けるとやはり自宅にサーバーが欲しくなってきます。

昔の炭酸水を作るサーバーでは強さの調整などはできなかったことが多かったのですが最近の製品は炭酸の強さを調整できるものが増えました。

しかも値段も手ごろになりお酒だけに限らず毎日炭酸水を飲むというのであれば炭酸水を作ることのできるサーバー購入をおススメいたします。

炭酸水メーカーは自宅で手軽に炭酸水を作ることができます。

上のソーダストリームは炭酸の強度を調整することが可能になります。しかも500mlで換算すると20円にも満たないコストパフォーマンスの良さがあります。

いくら箱買いしても例えばウィルキンソンの炭酸水(500ml)で考えるとどうしても60円強くらいになってしまいます。

仕事の帰りがけにコンビニで買ったらもっともっと高いですよね。

炭酸水メーカーを購入すると最初の初期投資はかかりますが飲み続けることで炭酸水を購入し続けるよりお得になってきます。

炭酸水メーカーはガスを注入して炭酸水を作りますがこちらはカートリッジ型とシリンダー方に大別されます。

基本的にはシリンダー型の方が多くの容量が入るのでコスト的にはお得になります。

炭酸水はペットボトルにつくあった後にすぐに飲まいでそのまま冷蔵庫で冷やすこともできるので時間のある時に作ればよいだけです。

作りたいときに好きなだけ作れる喜びは炭酸水メーカーならではの快感です。

米焼酎、麦焼酎をソーダで割って飲むのが私のお気に入り

ウイスキーのソーダ割も結構な量を飲んできましたがここ数年はすっかり焼酎ばかり飲むようになっています。

以前は何も食べずにお酒だけ飲んでいれば幸せだったのですがだんだんと年を取ったのか食べながらでないとお酒が進まなくなりました。

わたしは基本的には和食が好きなので食事に合うお酒として焼酎を好んで飲みます。

芋、麦、米、蕎麦、等々いろいろな焼酎を食事と合わせて飲みますがどんな料理にも合うのが焼酎のソーダ割だと思います。

何といってもそのゴクゴク飲んだのど越しの爽快感は私はビールより遥かに上だと思いますし後味のスッキリ感も見逃せない点です。

いろいろな焼酎のソーダ割を試してみましたが私の好みは米焼酎、麦焼酎のソーダ割です。

おススメの焼酎は数多くありますが無難なところで「ちんぐ」をおススメしたいと思います。

この「ちんぐ」は万人受けするとても美味しい焼酎です。

私は特に黒麹の方が好きで独特な苦みが少しあるのですがソーダ水との相性はバッチリです!

これからの暑い夏場はクーラーの効いた部屋でも蒸し暑い外でも焼酎のソーダ割をゴクゴク飲んで爽快感を楽しんでください!

他には強烈なパンチを持つ独特な味わいの銘柄を以下に

東京都の伊豆七島の八丈島、そこからさらに南下したところにある絶景の孤島である青ヶ島の焼酎です。

ここの焼酎はとてもドライでとてもパンチの効いた焼酎です。

とても美味しく、ロックで飲むのが最高ですがソーダ割にするとまた格別の味わいを楽しむことができます。

元々ドライなテイストに炭酸水でさらに増す感じは焼酎のソーダ割とは思えないような独特な味わいです。

通常の乙類の焼酎の2倍近い価格の焼酎ですが飲んで間違いなしの銘酒になります。

【 ソーダサーバー【aarke/アールケ】 】詳しくはコチラ

-ソーダサーバー, 生活
-, , ,

© 2021 快活流 Powered by AFFINGER5