インテリア 生活

テレワークへの環境作り!間仕切りで自宅にオンラインでのカメラ対策もできる仕事に集中できる空間を作ろう!

テレワークへの環境作り!間仕切りで自宅にオンラインでのカメラ対策もできる仕事に集中できる空間を作ろう!

今回のコロナ騒動でこれまで経験したことのないような「自宅での仕事:テレワーク」をするにあたっていろいろドタバタした方は多いのでなと思います。

私の会社では以前より体調が悪い時や家庭の都合などで出社が難しい時は家のパソコンでログインして仕事をするということが日常的に良くありましたので今回の騒動で何かをセットアップしなくてはならないということはありませんでした。

しかし友人や知り合いなど家で会社の仕事などしたことが無いという人も結構多くいろいろ相談を受けました。

私は在宅勤務であっても仕事場とつながって仕事をしている以上はパソコンを含めた自分の周辺は仕事モードになっているべきだと考えます。

その仕事モードに入るための空間作りに苦労している人が結構いました。

私が提案したのは空間を仕切るのが現実的に取り組める実効性のあるものだということです。

【 DIYパーテーションキット 】詳しくはコチラ

大きなリビングルームは空間は一緒だがエリアが分かれている

自宅に自信の部屋があるのであればそこでテレワークにて業務に取り組んでいけばよいのですがそうでないケースのお宅は結構あると思います。

私の友人宅も含めて結構多いのがリビングルームがかなり大きくあとは小さ目の寝室、子供部屋しかないケースです。

リビングが30畳以上のお宅というのはスペースはかなりありその広さから空間は一緒なのですがリビングルームの中でもエリアが分かれています。

例えばテレビを見るための空間、食事を取るための空間、何らかの趣味が関わっている空間などです。

広いリビングルームに家族が一緒にいるのですがそれぞれ別の好きなことをやっているのが大きなリビングルームの特徴です。

プライベート空間で仕事に取り組むのも大変です

これまでは家族が一緒にいる時間というのは平日の夜と週末くらいというお宅が多かったと思います。

しかし外出自粛によりテレワークが導入され一日中家族が自宅にいる期間が数ヶ月続きました。

ただ自宅にいるだけならまだしも完全なプライベートの空間である自宅で会社の仕事に取り組まなくてはいけないというのはたいへんな事です。

リビングルームの食卓テーブルの上にノートパソコンを置いてとりあえず仕事をしていた人もいるかと思います。

「こんな状態で仕事できるわけないだろ!!」と叫んだ人もいたのではないでしょうか。

オンライン会議などでプライベートな空間が入り込んでしまう

ただでさえ周囲を家族がウロウロしたり話しかけられたりとなかなか仕事に集中できない状態は結構きついものがあります。

加えて仕事をしていくうえでどうしても避けられないミーティングの機会が発生いたします。

電話会議でしたら声だけですのでまだいいのです。しかしミーティングではカメラを使用してオンライン上で顔を揃えるという事が当たり前のようになりました。

ここで自分の後ろを寝ぼけ眼の家族がウロウロしていたりする姿や家族の会話が入り込んでしまったりすると結構恥ずかしい思いをすることになります。

また気付かないうちに至極プライベートなものが映り込んでしまったりしたケースなどもあったことと想像できます。

パーティションなどで部屋のようなものを作るしかない

以上のような問題点を多く抱えるテレワークですがこうなるとたとえ小さくても仕事に集中できるスペースをどうにか確保するしかありません。

オンライン会議などでも自分以外に映像が映り込まないようにするためにも間仕切りをするのが一番良い方法だと思います。

パーティションなどを購入して自分で設置すればその空間は部屋のようなものになります。

仕事中にふと顔を上げても日常生活の空間が見えることはありません。

パーティションを背にしてオンライン会議に臨めばプライベートな空間は一切映り込むことなく安心することができます。

完全にとはいかないにしても自身のモードをオンとオフに切り替えることが可能になり仕事の効率も上がるかと思います。

コロナウイルスだけでなく大雨や地震など今後またどのような不測の事態が起こるかわかりません。

そういった時のためにテレワークの環境作りだけはしておいた方が良いかと思います。

【 DIYパーテーションキット 】詳しくはコチラ

-インテリア, 生活
-, , ,

© 2020 快活流 Powered by AFFINGER5